【 会員規約 】

《目的》

1.当法人は、極真会館の創始者大山倍達から認可を受けた全国の極真会館の支部⻑らによって構成するものであり、極真関連標章の周知性・著名性の獲得に貢献し、その使用する権利を共有するものであるが、目的の第一は、大山倍達が残した極真会館とその武道空手を正しく継承し、普及、発展のために尽力すること、第二は、そのためにも極真空手に無関係の者らによる極真関連標章 (商標)の無断使用差し止め、これを排除する諸手続き等を行うことを目的とする。

2.当法人は、前項の目的を達成するため次の事業を行う。
①極真会館による世界大会の開催
②極真会館による全日本空手道選手権大会の開催
③極真空手の正しい継承、普及のための研修会等の開催

④極真関連標章(商標)を管理するための諸活動

⑤前各号に附帯関連する事業

 

《名称》

当法人は、一般社団法人極真会館支部⻑会と称する。

所在地

〒537-0022
大阪市東成区中本一丁目4番 20‐101号に置く。

 

入会資格

大山倍達総裁から認可を受けた支部⻑ら、および支部⻑が認可した分支部⻑。
または支部⻑の後継者で本法人の社員総会で承認されたもの。

認可証は他人に譲渡、転貸することは出来ない。認可証は名義人一代一地区限りとする。

勢力範囲は理事会指定の地域のみとする。違反した者は認可の取り消しもあり得る。

入会者の段位認可に関して
認許された段位の正当性を理事会に於いて協議しその段位の可否決定を行う。

本法人、統一段位の制定を協議する。

《会員種別》
①《正会員》大山倍達総裁から認可をうけた支部⻑ら、および支部⻑が認可した分支部⻑。

または支部⻑の後継者で本法人の社員総会で承認された者。

②《準会員》大山倍達総裁時代の支部⻑が認可した分支部⻑、極真カラテ年鑑13号極真会館指導員名鑑(1993年6月15日発行)に記載されている指導員または、社員総会で承認された個人及び団体。
 

③《賛助会員》入会申請者のうち本法人の社員総会で承認された者。なお実績により社員総会の承認によって準会員・正会員となることがでできる。
 

※採決に際し、社員は「拒否権」行使が認められ、1名が拒否すれば案件が 成立しない。尚、「拒否権」を行使した社員はその理由を文書にて提出しなければならない。

《会員の義務》
イ 世界大会・全日本大会への選手派遣及び大会の協力。

ロ 段位登録の義務
ハ 定期会議への出席
二 技術講習会などへの参加

《会員退会》

会員は退会届を代表理事に提出して、任意に退会することができる。

前項の場合のほか、会員は次に掲げる事由により退会する。

死亡または、解散

除名

除名については、本法人の名誉を傷つけ又は目的に違反する行為をし、組織を攪乱しようとしたとき等、正当な事由があるときに限り、理事会の特別決議により除名するこができる。

本規約は令和4年6月16日より施行する。

【 加盟申請書 】

極真会館支部長会加盟申請書.jpg